おかげさまで54年!

地元・福岡北九州で多くの方に親しまれたカレーの龍の老舗の味を

ゴールドラインで是非お召し上がりください。

歴史

~龍のカレーからゴールドラインへ~

1963年(昭和38年)

福岡県北九州市小倉駅前に「龍のカレー」を先代・故 廣瀬利道が創業

1990年(平成2年)

杉本姉妹が老舗の味を引き継ぎ、二代目として、「カレーの龍」を北九州市小倉宇佐町にOPEN

2016年(平成28年)

杉本姉妹が後継者(先代の孫)に引き継ぐ事を機に東京へ移転。
「日本流カレー1963ゴールドライン」に屋号を変え、東京・護国寺に後継者と共に再出発


《研究》

jun4

老舗カレーの味を引き継ぎ、より究極の味を求め続けた杉本姉妹。

杉本姉妹の父・故 杉本吉一は、笹川良一総裁賞や竹下登総裁賞などの経歴を持つ、中華料理を極めた料理人。 その父のアドバイスを受けながら新たに和洋中を意識し「Curry」というジャンルの幅を広げてきました。

日ごと丹念に味を研究し、独自のレシピを追求したCurryは、コクがあるのに胃もたれ・胸焼けしない後味にこだわり、まろやかでやさしい味わいの濃厚熟カレーに仕上げました。 

   


《ルウのこだわり》

jun4

当店のカレールゥはこだわりの濃厚熟カレー1種類のみです。

見た目はシンプルですが、数種類のオリジナルカレースパイスを使い、豚骨・鶏ガラのダブルスープをベースに肉と野菜を全てルウに溶け込ませ、全て手造り手作業で5日間煮込み、旨みを存分に引き出しています。


濃厚でコクがあるのに、シンプルで食べやすく、コラーゲンたっぷり・無添加・無着色・栄養満点のカレーです。

食べやすさ・胃もたれ・胸焼けしない後味にもこだわり、まろやかでやさしい味わいの濃厚熟カレーに仕上げました。
老舗の手造りカレーを是非一度お召し上がりください。  


《カツのこだわり》

jun4

カツカレーのカツは、ルウと絡みやすく、味を更に引き立てる厚さを常に研究し現在のサイズに辿り着きました。

濃厚なルウが国産米の炊き立てのお米とよく絡み、胸焼けしない薄めのカツとなっています。     

冷凍を一切使用せず、新鮮な生の豚かつに、数種類のオリジナルスパイスで下味をつけ、からっとサクサクに仕上げました。

注文を頂いてから、一枚一枚丁寧に揚げご提供いたします。


《お持ち帰りカレールウのこだわり》

jun4

お持ち帰りカレールゥは、店頭そのままの味をご自宅でもお召し上がり頂けるよう、造り置きを一切せず、注文・発注が入った時点で、店頭にて丁寧に煮込み続けた出来立てのルゥをパック詰め致します。

当店そのままの味をお客様の食卓へとお届け致します。